• 放射光物性研究室

    BLー14グループ

    XMCD-X-ray Magnetic Circular Dichroism

    メンバー

    沢田 正博 准教授

    多田野 渉 (M2)

    石井 憲希 (M1)

    私たちの研究グループでは、磁気デバイス材料として有望なナノ構造磁性体を原子スケールの制御精度で作製し、放射光の偏光特性を生かした軟X線吸収磁気円二色性分光測定を行うことにより、その磁性や電子状態を明らかにする実験を行っています。磁気円二色性(MCD)とは、磁性体に円偏光を入射したとき、左回りまたは右回りの違いによって吸収強度が異なる現象です。MCDスペクトルを解析することで、磁性の起源であるサイトあたりの局在磁気モーメントを元素選択的に求めることができます。また、人工的に作製した磁性体構造について、電子線回折や走査型トンネル顕微鏡を活用した微視的な構造解析も行い、構造と磁性の関係について詳しい研究を進めています。